住宅ローンの選び方で迷っている方は口コミを参考にしましょう!

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。

 

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。という訳で、申請をすれば必ず通る。
というものではありません。不合格になってしまう人もたくさんです。

よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が最低ラインと言われています。

 

もしも、住宅ローンを返済中に失業してしまったらその後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。何があるか分らないので、把握しておきましょう。
第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、その理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。

勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るのでもう一度職場探しをしながら残りを返済に充てると良いでしょう。

 

ただローンは一度でも延滞してしまうと、破綻せざるを得ないので支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。新しい家を購入したいけれどもそれほど余裕がない、そんな時は、比較的安い中古物件の住宅ローンを探しましょう。

ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。お金を返す期間が通常と比べて短くなる可能性がある点です。これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせていくらになるのかを事前に確認しておきましょう。
将来、住宅ローンを組む可能性のある方は、次のポイントを抑えておくと良いでしょう。生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。
なので金利の安さだけで選ばないようにしましょう。総合でいくら返済すべきかこれを確認する事をおすすめします。低金利といっても、他に必要な事務手数料などがかかってしまうと結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。金利の種類によって支払う金額も大きく異なるため、今だけでなく今後の将来を考えて具体的に判断しましょう。
良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。

 

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

 

夢のマイホームを購入してから、それほど経たないうちに働けないほどの病気にかかってしまったらどうすべきでしょうか。

 

普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。保証内容にガン保険が入っているものもありますが、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、期限や条件付きで保証金が出る場合があります。ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。

 

一つの住宅を建てるのに、様々なローンがあるのですが特につなぎ融資という方法で借入れ出来るのを知っていますか。簡単にいうと、ローンが始まるまでの期間で不足しているお金を一時的に補う目的で借りるローンの事です。原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。とは言っても、金利が比べ物にならない程高く日割り計算のため一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、納得のいくプランを選べるように準備していきましょう。